千葉県外科医会Chiba Surgeons Association

千葉県外科医会Chiba Surgeons Association

施設紹介Facility

独立行政法人地域医療機能推進機構千葉病院

JCHO千葉病院外科は西島 浩、堀 誠司(副院長)、村岡 実、鈴木一史、三木陽二の5人で一般外科診療、および早期消化管悪性疾患に対する内視鏡下の治療等を行っています。当院の特徴の一つである透析患者に対する治療は室谷典義(院長)、白鳥 亨の両先生が中心となって対応しています。優れた透析管理のおかげで当院にて行う外科、内視鏡下治療は安全に遂行することができております。また国立千葉東病院で行われた移植治療を引き継いでの外来診療を西郷健一、青山博道の両先生が担当しています。

メンバーの平均年齢は今年もさらに高めとなってしまいましたが、地域の患者さんの健康を守るべく経験を武器に日々頑張っております。

今年の出来事は、新病院建築のための工事が始まったことです。

2021年4月から順次工事が始まっています。現在の病院と老人施設との間の駐車場を中心とした土地に新しい病院が完成します。工事進行中は現在の病院の一部を削るため、閉鎖していた病棟部分を利用して診療を継続しています。このおかげで通常の業務は支障なく行うことができています。新しい病院は地下1階地上7階を予定して、2023年10月頃の完成を目指しています。

添付の写真は職員更衣室前に飾られている完成予定図です。無事に立派な病院ができることを職員一同願っています。

皆様も新病院完成の折にはぜひ一度遊びにいらしてください。

では、私たち全員これからも一丸となって毎日頑張ってまいります。

今後ともよろしくお願い致します。

JCHO千葉病院
外科 村岡 実