千葉県外科医会Chiba Surgeons Association

千葉県外科医会Chiba Surgeons Association

施設紹介Facility

千葉大学呼吸器病態外科学

千葉大学呼吸器外科の歴史は、河合直次教授(旧第1外科)による1952年の第1例目の肺癌手術および1955年の第55回日本外科学会総会宿題報告「わが国における肺腫瘍の現況」の発表に始まります。1959年に肺癌研究施設設置が認可され、1962年には肺癌研究施設第1臨床研究部門に香月秀雄教授が着任されました(1962-76)。その後山口豊教授(1977-97)、藤澤武彦教授(1997-2007)を経て、現在の吉野一郎教授(2007-)に至っています。この間肺癌研究施設は改組となり、教室名称は胸部外科学から現在の呼吸器病態外科学となりました。

肺移植認定施設として、これまで2例の生体肺移植と6例の脳死肺移植を実施しており、うち7名は社会復帰しています。NCDベースでの2018年手術件数は、385例(うち肺癌183例)であり、手術件数は毎年増加を続けています。当科手術の特徴は肺全摘例が少なく、進行例でも様々な再建手技を駆使することで肺実質を温存している点です。また低侵襲手術として胸腔鏡下手術に加え手術支援ロボットによる手術も開始し、1年間で70例以上に実施しました。研究面では大学在籍者の多くが科研費を取得して研究を行っており、肺再生から内視鏡に至るまで臨床に即した研究について国内外から高い評価を得ています。毎年新たな入局者を迎えており、日本の呼吸器外科施設の中心的役割を担っています。

千葉大学大学院医学研究院 呼吸器病態外科学(呼吸器外科)
医局長 中島 崇裕