千葉県外科医会Chiba Surgeons Association

千葉県外科医会Chiba Surgeons Association

施設紹介Facility

東千葉メディカルセンター

東千葉メディカルセンターは20144月にオープンした新規の医療機関ですが、病院の形態は通常の病院と異なっております。病院の設置は東金市と九十九里町による地方独立行政法人により行われており、通常の形態ですが、医師は千葉大学と行政法人が契約を交わし、新たに設置された千葉大学医学部総合医科学講座から派遣されるという形態をとっています。東千葉メディカルセンターの設立の目的の一つは、外房地域の医療過疎に歯止めをかけ、高度医療を提供する基幹病院たる施設を運営することにあります。新研修医制度が発足して以来、この地域の医師数が激減しており、十分な医療体制をとることが困難になっています。そこで千葉大学と契約を交わし、大学から教職員を派遣してもらうという形式を取ることにより医師を確保し、病院を運営することとしました。これは私立医科大学の分院に近い運営形態でありますが、国立大学がこのような契約を行うことは全国で初めてであり、非常に注目されています。

東千葉メディカルセンターは、千葉東金有料道路の東金インターから2キロ程のところにあり、千葉大学医学部からも車で20分程で行け、交通の便の良いところにあります。ゴルフ場に隣接しており緑が多くさわやかな環境で、医局の窓からゴルフ場のグリーンを眺めることもできます。ICUHCUを有する急性期病院として計画され、全くの新規の病院でありますので、段階的に病床を拡大し、23315床を目指す予定ですが、諸般の事情でまだフルオープンに至っていません。

三次救急部を備える総合病院というスタンスで運営されており、外科としては救急外科に対応しつつ、定時の癌の手術や心臓の手術も数多く施行しています。特に腹腔鏡使った低侵襲手術と肝胆膵領域の高難度手術に力を入れています。

しかし、まだまだ産声をあげたばかりの医療機関ですので、今後とも皆様のご指導、ご支援をよろしくお願いします。

東千葉メディカルセンター
副センター長/外科部長 中川 宏治